校長挨拶

DMMアカデミーは『自ら気付き、考え、行動を起こすことができる人間を育成すること』を目指す私塾です。

近未来には多くの仕事がロボットに置き換わります。これから著しく変化する社会で生き抜くには、決められたカリキュラムだけでは対応できません。そして、本当の勉強とは社会人として自立してから始まるのです。

経済的な理由で進学を断念せざるをえなかった人、秀でたところがあっても勉強に馴染めなかった人など、様々な理由で大学に行かなかった人たちの中にも、才能に溢れる若者は多くいます。そんな人達を発掘し、自立・成長させるのが本校の目的です。

これは、決して同情でも社会貢献でもありません。あくまで未来のための投資です。私は多くの事業に投資してきましたが、それは結局「人への投資」でした。本校から巣立った卒業生が当社であれ他社であれ、社会で活躍してくれることは、長く価値のあるものになるでしょう。

学生だからと特別にお客扱いはしません。給料を貰う社会人として「自立と自由と責任」を引き受けながら、学ぶ覚悟がある人にだけ来てほしいと思っています。

本校では多くの業種で働く体験と、優秀なビジネスマン、プログラマー、クリエイターと出会える機会を与えます。しかし、そこで何を学びとるかは本人次第です。何もないキャンパスで自分自身に「問い」を出し続けることは、大学で学ぶ以上に難しく、価値あることだと思うからです。

初めての試みなので試行錯誤ですが、学生と共に私も学んでいければと思っています。そしていずれは、大学卒業生に勝るとも劣らない本校卒業生を多く輩出し、社会から必要とされる。そんな学校になれたらと思います。

一般社団法人DMMアカデミー 校長 亀山敬司